遠視と老眼は違うのか?

 

老眼は年齢と共に、誰にでもおこる、老化現象のひとつと言われていています。
老眼は近視や遠視の人に関係なく、どんな人にでもおこる症状です。
この2つの違いは、遠視は遠くも近くも見えず、老眼は近くのものが見えず、遠くは普通に見えます。
普通、近視の人は老眼になるのが遅く、遠視の人は老眼になるのが早いといわれていますが、これは間違いで、近視の人は老眼になっても、正視、遠視の人と比べて、もともと近いところに焦点が合っており、その分だけ水晶体調節の必要がないため、老眼になっていないようにみえるだけです。