屈折異常とは?

 

正常な眼では、遠くを見るときには水晶体が薄くなり、近くを見るときは厚くなることで屈折力を調節し、ちょうど網膜上で焦点が合うようになっています。
屈折異常とは、外の世界から入ってきた映像や光が、角膜・水晶体でうまく屈折がおこなわれず、網膜上でうまくピントが合わないため、ぼやけて見える状態のことを言います。