老眼とは?

 

目の中でレンズの役割を果たしている水晶体のピント調節能力が年齢を重ねるとともに衰えて、近くのものが見にくくなる状態をいいます。
老眼は普通40代で始まり、50代で40代の調節力の半分になり、60代で下げ止まるといわれています。
老眼の矯正には老眼鏡を使い、よく「老眼鏡を使うと老眼が早くすすむ」といわれていますが、これは間違いで、身体全体の老化によって進行していくため、これは誰にもおこることであり、避けようがないことです。
老眼が進んでいるのにもかかわらず、老眼鏡をかけずに生活していると、頭痛や肩こりなどの症状があらわれる可能性が高くなります。
また、一般に近視の人は老眼になるのが遅く、遠視の人は老眼になるのが早いといわれていますが、これは正しくありません。