乱視とは?

 

乱視は角膜や水晶体がゆがんでいることにより、目に入る光が一ヶ所で像を結ばない状態のことをいいます。
レンズが歪んでいると光の進入方向によって屈折力が変わってしまいます。
乱視の人の角膜は、ひとつのものを見ても、光が強く屈折する方向と弱く屈折する方向があると、1点にピントが合わないために網膜にぼやけたり、多重に見えてしまいます。