遠視とは?

 

遠視とは、遠くのものを緊張がほぐれた状態で見ているときに、網膜より後ろにピントが合ってしまう目のことをいいます。
よく間違った理解をされますが、遠くが良く見える目を遠視というのではありません。
遠視の原因として、角膜や水晶体の屈折力が弱いこと、もしくは眼軸長(眼の長さ)が短いことなどがあげられ、遠視の矯正方法として凸レンズのメガネ、コンタクトレンズで行います。
遠視は、年齢が若いうちは屈折力の弱さを水晶体の調節である程度補うことができるため、なかなか見つけられないという点があります。
また遠視の人は、絶えず目の調節を必要とすることにより目と体が疲れやすく、集中できないため学習や仕事の能率があがらない場合が多いようです。
そのほか小児期に重度の遠視を矯正せず放っておくと、弱視の原因になるといわれています。