正視・視力とは?

 

正視とは、網膜上で正確にピントがあっている状態をいいます。
網膜で正確にピントが合うことによって、クリアな画像を得ることができるわけです。

視力とは、物体の形や存在を認識する目の能力をいいます。
一般的には、アルファベットの"C"の形をしたランドルト環を用いて測定します。
正常な視力は裸眼もしくは矯正で1.0以上とされていますが、偶然当たる場合や、目を細めたり、部屋の明るさ、測定時の体調によって見えかたも変わってくるためあまり参考にはなりません。