目の構造と仕組み

 

人間の眼は、眼の中に入った光がまず角膜で約3分の2を、次に水晶体で約3分の1を屈折し、眼の奥、眼底の網膜の上で焦点を結びます。
眼の一番外側、表面部分には角膜があり、外から入ってきた光は、まず角膜で屈折し、次に前房、そしてその奥に虹彩があり、その働きは入ってくる光の量を調節しています。

水晶体は、遠くを見ている時には薄く、近くを見ている時には厚く、自由自在に厚さを変えることができ、遠くを見ても、近くを見てもはっきりした映像が見られるようになっているのです。
そして光は水晶体の次にある硝子体を通過し、網膜に到達します。

網膜は、ここに写った画像が視神経をつうじて大脳に伝えられ、モノとして認識しています。