手術は全員受けられるわけではない

 

レーシックでは、事前に精密な検査が行われます。
この検査で手術の適応、不適応が決定し、不適応となった場合、手術を見送ることとなります。
精密検査の結果、4~5人に1人が不適応となる場合があります。
・子供の頃からの弱視の方
・病気の後遺症による視力の低い方
・円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの方
・20歳(クリニックによっては18歳)未満の方
・20歳以上でも近視がまだ進んでいる方
・高齢の方
・糖尿病や膠原病、重症アトピーなど全身病をお持ちの方
・抗精神薬を使用している方
・妊娠中、授乳中の方
・角膜に十分な厚さが無い方
・強度の近視、乱視の方
・ヘルペス性角膜炎の人
・特定の薬剤を使用している人
・精神に疾患がある人
・パイロット、警察官、自衛官など職業的制約がある方