グレア・ハロ・スターバースト:レーシック合併症

 

グレアとは、夜間、街灯の光などを見ていると、光がにじんでまぶしく感じられるようになる症状で、ハロとは光の周囲に光の輪が見える症状のことを指し、また光が光源のまわりに放射状ににじむような症状をスターバーストと呼びます。
手術直後から約半数の方がこれらの症状を訴えますが、ほとんどの方は術後半年までに症状が改善し、なくなります。

しかし、中にはそのまま症状が残ってしまう方もいます。
「ハロ・グレア・スターバースト」はレーシックの手術を受けたときにレーザーを照射した部分と、レーザーが照射されてない部分とで光りが乱屈折することで起こる現象です。
元々瞳孔径が大きい方は、少なからず「ハロ・グレア・スターバースト」が続く場合があるとみられています。