実質内上皮増殖:レーシック合併症

 

手術後に戻したフラップの下に、角膜の表面の細胞が入り込んでしまう症状により起きます。
フラップの下に増殖した細胞により、滑らかに削った部分の濁りや凹凸ができてしまい、乱視となってしまう可能性があります。
事情によってはフラップを再び剥がし、増殖した細胞を取り除く必要があります。