RK(角膜放射状切開術)

 

RK手術は数十年前より数多く行われている矯正方法で、メスを角膜の前面に放射状の切れ目を入れるれることにより視力を改善します。
この当時は、手術中の痛みがなく画期的な手術とされていましたが、手術後に痛みを伴うことや矯正の制度があまり高くないこと、角膜の強度が弱くなることから現在ではほとんど行われていない手術です。