PRK(角膜表層切除術)

 

フラップを作成せずに角膜表面から直接エキシマレーザーを照射して視力を回復する治療法で、レーシック以前から行われてきた視力矯正手術です。
PRKはRKに比べてかなり精度が高くなっています。
手術後は痛み軽減のため、除去した角膜上皮が再生するまでの数日間、保護用のコンタクトレンズをつけます。
PRKがレーシックと異なる点は、フラップ(ふた)を作らずに、直接角膜上皮を除去してしまうので、角膜上皮が再生するまでは痛みが起きやすく、視力が安定するまでに数週間から3ヵ月程度かかるという点や、
手術後の数日間は痛みが伴うことと、角膜がにごったりすること(角膜混濁)があげられます。