イントラウェーブフロントレーシック

 

イントラウェーブフロントレーシックとは、ウェーブフロントとイントラレースを組み合わせることによってできた近視治療方法です。
イントラレーザーでフラップを薄く作るので、角膜が薄い方や強度近視の方、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することも治療が可能となります。
そのほか角膜にダメージを全く与えないので、より安全な治療方法といえます。