ウェーブフロントレーシック

 

角膜のわずかなひずみをウェーブフロントアナライザーで測定し、その分析結果に応じてレーザーをより正確に角膜に照射して削りとり、通常のレーシック手術よりも高い矯正効果を行う治療法です。
これによって、各個人の数値にあわせてレーザー照射を変えるオーダーメイドの治療ができるようになりました。
そのほかにも夜間に光がにじむといった、ハロ・グレアが少なくなり、クリアに見えることができます。
しかし、マイクロケラトームでフラップを作る為、角膜が薄い人は治療ができません。
また、ウェーブフロントレーシックは高度な技術を要求され、検査が煩雑で、特殊な機器が必要のため、これまでのレーシックより時間と費用がかかります。