イントラレーシック

 

これまでのレーシックではマイクロケラトームという装置を使いフラップを作っていましたが、イントラレーシックはコンピューターによって制御されたイントラレースレーザーというレーザーでフラップを作成します。
イントラレーシックはフラップ作成時に角膜への物理侵襲が大変少ない優れた手段なので、角膜への負担も少なく、術後の回復もレーシックに比べて大変いいとされています。
そのため、これまでのレーシックに比較すると正確性・安全性が高まり、より細かな作業ができるようになり、フラップ作成が困難だった角膜が変形している方に対してもレーシック手術ができるようになりました。
さらにイントラレーシックは、これまでのレーシックに比べてよりフラップをうすく正確に作成することが可能なので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することができます。
ただし、レーザーでフラップを作成するため、手術後、接着・安定するまで時間がかかるという欠点が指摘されています。