ラセック、ラゼック(LASEK)

 

ラセック、ラゼックは、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復手術で、従来のレーシックにくらべ、角膜上皮のみをフラップとしてはがす点が違ってきます。
ラセックはレーシックに比べて、より薄いフラップを作成するため、角膜の厚さを多く残すことができるため、角膜が薄めの方や強度近視の方、眼の小さい方でレーシックを受けられない方でもラセックによる視力矯正が可能となります。
また、角膜の上皮細胞は活発に生まれ変わるため、フラップ自体の回復が早く、格闘技などの激しいスポーツをする方に合った手術だといえます。
ラセックは、PRKよりも少ないですが、術後の痛みが強いため、術後の点眼の期間が長く、視力が安定するまで時間がかかります。
また、医師の技術力によって結果が大きく違い、そのほかにもアルコールを使用することによる将来性は未だはっきりしていません。