エピーレーシック(EPI-LASIK)

 

今までのレーシックと比較すると、エピレーシックは、エピケラトームという装置を使って厚さ50~60マイクロメートルの非常にうすいフラップを作成し、屈折を矯正する視力回復手術です。
これにより、通常のレーシックでは手術が難しかった強度近視の方や、角膜がうすい方の矯正が可能となります。

さらに、角膜上皮細胞は2週間ごとに新しく生まれ変わるのですが、エピレーシックは、上皮部分のみでフラップを作成しているのでフラップの回復力が高く、格闘技などの激しいスポーツをしているなど特別な方にはとても適しています。

しかしエピレーシックはよりうすいフラップを作成するため、視力回復には手術後3日~1週間程度かかり、また手術後3日程度は保護用のコンタクトレンズを装着する必要があります。