レーシック手術で視力が回復する仕組み

 

眼球を固定してマイクロケラトームという機器を使用し、角膜の表層部分を薄く削ってフラップ(ふた)を作り、高精度の医療用エキシマレーザーでフラップの内側の角膜実質層と呼ばれる組織を削ることにより屈折力を変えます。
屈折力を変えることによって、今まで眼の奥網膜の手前で焦点が合っていたものを網膜上でピントが合うようになります。
最後にフラップを元に戻せば手術が終わります。