視力回復手術レーシックを視る

レーシックとは、レーザーにより近視や乱視を矯正する視力矯正手術のことです。 アメリカで誕生したこの手術は、いまや世界全国に普及し、すでに数百万人が治療を受けているといわれています。
1回の手術によって劇的に視力が回復するレーシックですが、一方デメリットも存在します。また、大切な眼の手術になるので、不安もつきものです。

「視力回復手術レーシックを視る」では、レーシックの歴史から、治療法、メリットとデメリット、手術の流れ、手術の際の注意点、そして視力に関する基本知識など、できる限り客観的に、そして総合的にレーシックをまとめてみました。
レーシック手術をするしないに関わらず、検討する際の参考になれば幸いです。

レーシック手術:視力回復手術を視る項目一覧

 

CATEGORY TITLE

そもそもレーシックって何?-レーシックを検討する前に

レーシック(LASIK、レイシック)とは?
レーザー装置を使用し、目の角膜の形を変え、近視などを手術により治していく治療法で...
レーシック手術の誕生と歴史
レーシックを含む近視治療の起源は1930~50年代にさかのぼるといわれています。...
レーシック手術-アメリカと日本の実情
アメリカでは、1995年の米国食品医薬品局によるエキシマレーザーの認可以来、近視...
レーシック手術で視力が回復する仕組み
眼球を固定してマイクロケラトームという機器を使用し、角膜の表層部分を薄く削ってフ...

そもそもレーシックって何?-レーシックを検討する前に:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

様々なレーシック治療-手術法にもいろいろある

レーシック
レーシックは、高精度の医療用エキシマレーザーを角膜に光をあて、屈折を矯正すること...
イントラレーシック
これまでのレーシックではマイクロケラトームという装置を使いフラップを作っていまし...
ウェーブフロントレーシック
角膜のわずかなひずみをウェーブフロントアナライザーで測定し、その分析結果に応じて...
イントラウェーブフロントレーシック
イントラウェーブフロントレーシックとは、ウェーブフロントとイントラレースを組み合...
エピーレーシック(EPI-LASIK)
今までのレーシックと比較すると、エピレーシックは、エピケラトームという装置を使っ...
ラセック、ラゼック(LASEK)
ラセック、ラゼックは、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復手術...
RK(角膜放射状切開術)
RK手術は数十年前より数多く行われている矯正方法で、メスを角膜の前面に放射状の切...
PRK(角膜表層切除術)
フラップを作成せずに角膜表面から直接エキシマレーザーを照射して視力を回復する治療...

様々なレーシック治療-手術法にもいろいろある:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

レーシックを受けるメリットを知ろう

メリット1.視力回復のスピードが早い
レーシックは早い人で手術当日、ほとんどの人は翌日には視力を回復します。 ただし、...
メリット2.手術時間は1時間以内。手術時間は案外短い
レーシックにかかる時間は、両目の場合で20~30分程度で手術が終了します。 そし...
メリット3.手術の痛みはそれほどない
点眼麻酔をさしてからレーシックの手術に入るので、手術中に痛みを感じることはありま...
メリット4.手術の安全性は高くなっている
レーシックにおいて削りとるのは、眼球のもっとも外側にある角膜のうちのごく一部分で...
メリット5.コンタクト、眼鏡等の手入れが不要
メガネが不要になれば、メガネをかけることによる頭痛や肩こり、充血があった人はそれ...

レーシックを受けるメリットを知ろう:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

レーシックのデメリットと合併症について

稀に回復しない人もいる
強度の近視であっても、レーシックを受けることにより、かなりの確率で視力が回復する...
手術は全員受けられるわけではない
レーシックでは、事前に精密な検査が行われます。 この検査で手術の適応、不適応が決...
レーシック手術による合併症とは?
合併症とは、手術を行うことによって、発生する予期せぬトラブルのことをいいます。 ...
ドライアイ:術後に見られる症状
レーシックは角膜を削る手術のため、その際部分的に神経を切断することになります。 ...
異物感、眼がしみる感覚:術後に見られる症状
レーシック手術当日は麻酔がきれると、目に異物感があったり、しみたり、しょぼしょぼ...
眼のかすみ:術後に見られる症状
レーシック手術直後は、角膜の表面が荒れているため、ものがぼやけたり、見えにくくな...
白目部分の出血:術後に見られる症状
フラップ作成の際に、マイクロケラトームを眼に強く固定するため、白目部分の血管が傷...
コントラストの低下:術後に見られる症状
微妙な濃淡の違いが区別つきにくくなるといった症状で、日常生活では、はっきり自覚す...
夜間視力の低下:術後に見られる症状
日常生活に支障のでることはありませんが、昼間に比べて、夜間に光る物体の周囲がぼん...
近視への逆戻り:レーシック合併症
ほとんどの方が近視の進行がなくなってからレーシックの手術を受けていると思われるの...
フラップがずれる、しわが生じる:レーシック合併症
手術直後に目をこすったりした場合に、フラップがずれたりシワができたりすることがあ...
手術部分からの感染症:レーシック合併症
切開した角膜の傷口から細菌やウィルスなどが入り込み角膜に濁りが発生してしまう事が...
層間角膜炎:レーシック合併症
フラップと角膜実質層の間でおこる炎症です。 ほとんどの場合は、点眼液や内服薬で治...
実質内上皮増殖:レーシック合併症
手術後に戻したフラップの下に、角膜の表面の細胞が入り込んでしまう症状により起きま...
グレア・ハロ・スターバースト:レーシック合併症
グレアとは、夜間、街灯の光などを見ていると、光がにじんでまぶしく感じられるように...
矯正誤差:レーシック合併症
手術によって、期待していた視力よりも近視寄り、遠視寄りに矯正されることがあります...

レーシックのデメリットと合併症について:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

レーシックを実際に検討してみる

レーシック手術の料金を知っておこう
レーシック手術は保険適用外の自由診療のため、最近では価格も下がってきていますが、...
レーシック手術と健康保険
レーシックは健康保険の適応は出来ません。 残念ながらレーシックは健康保険の適応外...
レーシック手術と生命保険
多くの生命保険会社では、レーシックが手術給付金の支給が対象となっています。 契約...
レーシック手術と医療費控除
年間(1月~12月)で、本人または生活を一緒にしている家族が払った医療費が一定額...
説明会・ガイダンスで信頼できるクリニックを選ぼう
レーシックの基本を学び、パンフレットや体験談を読んだら、各クリニックがおこなって...
一見は百聞にしかず!実際の体験者から情報を得よう
・目のまわりの化粧がしやすくなった。 ・顔を洗いやすくなった。 ・車の運転中、前...
眼科医・カウンセラーによるカウンセリング
目の検査を受け、レーシックを受けてもよい、ということになれば、次に眼科医や専門の...

レーシックを実際に検討してみる:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

レーシック手術を受けるにあたって

レーシック手術までの流れ
(1)説明会やガイダンスなどへの参加 レーシックの内容、方法、安全性などについて...
レーシック術前検査について
レーシックを受けるクリニックを決めたら、まずは眼科医による目の検査が行われます。...
レーシック術前検査の注意点
眼底の網膜に異常がないかどうかを調べる眼底検査があり、そのときに瞳孔を広げるため...
レーシック手術当日の注意点
1.手術当日の車の運転は危いため、病院には電車などの公共の交通機関を利用すること...
レーシック手術後の注意点
1.手術後1週間は、外出時には保護用サングラスを、就寝時には保護用メガネを着用し...
レーシック手術後の定期検診
術後の経過を検査します。 レーシック手術の翌日、1週間、1ヵ月、3ヵ月、半年、1...

レーシック手術を受けるにあたって:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

基礎知識-目の仕組み

目の構造と仕組み
人間の眼は、眼の中に入った光がまず角膜で約3分の2を、次に水晶体で約3分の1を屈...
角膜の構造と仕組み
角膜は眼球の一番外側にある、厚さ0.5ミリ程度の球面状の膜で、その表面は常に涙で...

基礎知識-目の仕組み:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

なぜ目が悪くなるのか?-屈折異常と視力低下

正視・視力とは?
正視とは、網膜上で正確にピントがあっている状態をいいます。 網膜で正確にピントが...
近視とは?
近視とは、眼の中に入った光の屈折率が強く、網膜に届かず、網膜の手前で光のピントが...
遠視とは?
遠視とは、遠くのものを緊張がほぐれた状態で見ているときに、網膜より後ろにピントが...
乱視とは?
乱視は角膜や水晶体がゆがんでいることにより、目に入る光が一ヶ所で像を結ばない状態...
老眼とは?
目の中でレンズの役割を果たしている水晶体のピント調節能力が年齢を重ねるとともに衰...
屈折異常とは?
正常な眼では、遠くを見るときには水晶体が薄くなり、近くを見るときは厚くなることで...
遠視と老眼は違うのか?
老眼は年齢と共に、誰にでもおこる、老化現象のひとつと言われていています。 老眼は...
遠視と近視と弱視の関係は?
弱視は、目に異常がないのに、メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力が上がらない...
近視と眼メガネの関係は?
なぜ眼鏡やコンタクトレンズを装着するとよく見えるようになるのでしょうか。 近視用...

なぜ目が悪くなるのか?-屈折異常と視力低下:詳しくはこちら